トランジション・タウン九十九里町を構成する3つの要素

トランジション・タウン 九十九里町は、英国のトットネスの例に倣い、主に3つの部分で構成されます。 1つめは「地元経済の青写真」部門、2つめは「リコノミー・センター」部門、そして3つめは「地元起業家プロジェクト」部門です。

トランジション・タウン・トットネスでは、はじめに「地元経済の青写真」を作り、地域の内に流れ込むお金の流れと地域の外に漏れ出すお金の流れを視覚化しました。

続いて、「地元経済の青写真」から得られたデータを基に、地域のさまざまなステークホルダーと共に「トットネスの地元経済はどうあるべきか」というビジョンを作り、ビジョンに向けて進むための活動拠点として「リコノミー・センター」を作りました。

そして、リコノミー・センターからさまざまなプロジェクトが生まれ、その中の一つが「地元起業家フォーラム」でした。

トランジション・タウン・トットネスでは、実際のプロジェクトを立ち上げる前に、基礎データの収集、分析、視覚化を行い、地域の行政、商工会、学校など、地域のステークホルダーに呼びかけることで、ステークホルダーの間に新たな関係性を構築したことが、以降のプロジェクトの成否の鍵となることを示しています。

トランジション・タウン 九十九里町は、現在数名の有志により「地元経済の青写真」作りをはじめるための勉強会を定期的に開いている段階で、学習の成果が具体的な活動に結び付くまでには、まだ相当の時間が必要になると考えています。

ただ、個人的にはこのような初期の段階で、様々な人々(国籍、性別、年齢は問いませんが、原則は九十九里町在住または九十九里町に職場のある方)と新しい地域経済のビジョンについて話合いをする機会に恵まれることは、人生において何らかの付加価値になるのではないかと思います。

トランジション・タウン 九十九里町では、活動に興味を魅かれるものの内容がよくわからないとおっしゃる方や、参加してみたいけれどどのようにすればよいかわからないとおっしゃる方に、当活動の内容を直接お話しさせて頂く機会を設けたいと考えています。 トランジション・タウン 九十九里町について、お知りになりたいことがありましたら、どうぞ「お問合わせ」ページにお寄せください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました